映画『フローレンスは眠る』
上映館
new
公式フェイスブック
公式Twitter

映画の感想をつぶやいて、「フローレンスの涙」をもらおう

最新のお知らせ

舞台挨拶 情報



シネマートチケット購入シネマートチケット購入 シネマートチケット購入
舞台あいさつ

舞台挨拶&トークショーのお知らせ

公開を記念し、小林兄弟監督、出演者による舞台挨拶&トークショーを開催。撮影当時のウラ話や映画作りの秘密など、楽しいおしゃべりで満足度120%。特別な映画体験をお届け致します。

※写真は3/5 TOHOシネマズ日劇での舞台挨拶


フローレンスは眠る 舞台挨拶スケジュール
上映館名 日 時 登壇者
ミッドランドスクエア シネマ2

2016.7.16(
時間:15:55 上映回終了後予定

登壇予定: 藤本 涼、桜井ユキ、池内 万作、小林兄弟監督(克人・健二)

※他の登壇者についても決定次第お知らせします。※7/6 一部登壇者が変更になりました。ご了承ください。

※都合により、やむをえず中止または内容が変更になる場合がございます。

登壇者は都合により、予告なく変更となる場合がございます。
※他劇場での舞台挨拶に関しては、決定次第ご報告いたします。





イントロダクション 映画「フローレンスは眠る」

次期社長ヲ誘拐シタ。
身代金ハ、
"フローレンスの涙"


創業一族の経営する大会社に届いた一通の脅迫状。
誘拐された次期社長は、その日、3代目社長に就任するはずだった。犯人の要求は金ではなく、謎の言葉「フローレンスの涙」。

7年ぶりの新作、小林兄弟が放つサスペンス

『フローレンスは眠る』!!


公的記録のない独居高齢者や育児放棄された戸籍のない児童など社会派なテーマで問題提起した小林兄弟監督の初監督作品『369のメトシエラ』。当初、渋谷ユーロスペースでの1館のみの劇場公開でした。しかし公開後、『ぴあ初日映画満足度ランキング』の1位に輝き、多くの観客の絶大な支持を得て、独立系映画では異例の全国40館で上映、観客動員数は2万人を超えるに至りました。

 

そして新作「フローレンスは眠る」では一転、同族経営の老舗企業に襲いかかった誘拐事件を発端に繰り広げられるクライムサスペンス。
今作も小林兄弟によるオリジナル脚本。撮影は昨年2014年11月4日に無事終了。現在公開を目指しています。

 

随時、本サイトにて続報を公開して行きます。期待してお待ちください。

cast


藤本涼
桜井ユキ
山本學
前田吟
宮川一朗太
池内万作
東幹久
村上ショージ
岸明日香
山口果林
山本陽子

音楽 映画フローレンスは眠る

主題歌・吉田美奈子 「時よ」 (作詩・作曲:吉田美奈子)


吉田美奈子

《吉田美奈子》
シンガーソングライターの活動をメインにしながらも、その他多くのアーティストへ楽曲提供するなど、ミュージシャンとして多方面から共演を熱望され、常に高い評価を得ている吉田美奈子。
監督・小林兄弟が兼ねてから夢であった“いつか自分達の映画で『時よ』を使いたい!”という想いがついに実現しました。
名曲「時よ」は、通算6作目のアルバム『LET'S DO IT -愛は思うまま-』に収録された作品。今回の新たな収録では、スガシカオ、宇多田ヒカルなど、多くのアーティストのサポートやプロデュースを行う森俊之とのピアノデュオで録音。激しい愛憎劇と呼応する歌詞、切なくも強く美しい歌声が「フローレンスは眠る」の世界観を彩ります。

【吉田美奈子コメント】
大変名誉なご依頼を頂き、この度オリジナルよりもずうっと大人の切ない思いを込めて歌ったこの「時よ」で、映画をご覧になった皆様の回想のお手伝いが出来ればと思っています。

《アーティスト情報》
吉田美奈子 公式サイト/http://www.la-la-bells.com/
森俊之 公式サイト/http://www.azuritelab.com/

2016.3.5 フローレンスは眠る オリジナルサウンドトラック 特典:吉田美奈子サイン入り色紙プレゼント


Staff 映画フローレンスは眠る

脚本/監督/編集 小林兄弟


小林 克人(兄)

1989年、テレビ製作会社を立ち上げ、ディレクターとして200本以上の作品を制作。また弟・健二氏とともに劇団を旗揚げ、10本以上のオリジナル作品の脚本を書き、演出を行う。2005年から映画製作会社ジャングルウォークで映画製作に専念。09年に「369のメトシエラ」を兄弟で共同監督。


小林 健二(弟)

俳優座で役者として活躍の後、映画製作を志す。兄と旗揚げした劇団で俳優とプロデューサーを兼任。2000年に株式会社オズマプロデュースを設立。04年に映画製作会社ジャングルウォークを設立。08年に米国法人JungleWalk USAを設立。09年に「369のメトシエラ」を兄弟で共同監督。またプロデューサーとして製作・配給を行い、全国公開を実現。


製作総指揮:小林健二
製作:小林稔・松原真
プロデューサー:北村圭子・真保利基
脚本・編集:小林克人・小林健二
共同脚本:月瀬りこ
音楽プロデューサー:水落賢二
音楽監督:甲克裕
音楽:前口渉
撮影:黒石信淵
照明:松村志郎
録音:原子内利彦
美術:荻原麻子
装飾:樺澤正徳・酒井千裕
助監督:森裕史
スクリプター:石川愛子
スタイリスト:小海綾美
ヘアメイク:辻有見子
ラインプロデューサー:桑原学
VFXプロデューサー:工樂英樹
VFX:GEMBA
カラリスト:長谷川将広
整音: 深田晃
音響効果:佐藤祥子
製作・配給:JungleWalk
2016 / 日本 / 121分 / 5.1ch / シネスコ / カラー / デジタル

ロードショーサポーター
ロードショーサポーター
ロードショーサポーター